試写室でこれから公開される新作映画を見ている筆者たちによる批評を掲載。時には辛口の、時には思いやりのコメントをお楽しみ下さい。 福岡アジア映画祭の上映案内も掲載


by faff
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2014年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 物忘れが激しくなった母親・玲子は、長男・浩介の嫁・深雪の両親との夕食会の時、ぶつぶつ独り言を言い、突然叫び始めた。翌日、医者に行くと、脳腫瘍が見つかり、それも末期で、“余命一週間”と告げられてしまう。愕然となり、取り乱す父親と浩介に対して、いつもどおりにヘラヘアしていて、冷静を装おう次男の俊平。しかし、玲子の病状は急速に悪化し、記憶も曖昧になっていく。そして、これまで我慢してきた不満や本音が滝のように溢れ出してくる。家族は、とっくに崩壊していたのだ!「舟を編む」の石井祐也監督が、次に挑んだテーマは、「家族」。家族とは、いったい何なのか!?妻夫木聡、池松壮亮、原田美枝子、長塚京三の「家族」がリアルだ。(スコープ・117分・14年5月24日)
[PR]
by faff | 2014-03-07 13:32 | 映画
 あのヒットシリーズが新たなる展開を始める。「クローズZEROII」から1ヶ月後、新年度を迎えた鈴蘭高校では、“テッペン”の座を狙って、新3年生たちが次々と名乗りを挙げていた。まず、テッペンに一番近い男・強羅徹、そのライバルとされる高木哲次、お調子者を装おうキレ者・小岐須健一。しかし、2人の男の登場が鈴蘭の勢力図を大きく変えることになる。テッペン争いに興味を持っていない3年の転入生・鏑木旋風雄と、とにかく暴れまくる新1年生の加賀美遼平。接点がなく対照的な2人が鈴蘭史上最大の抗争の中心人物になっていく…。これから活躍していきそうな次世代若手俳優を大量に起用した新シリーズの始まりだ。TV「ごちそうさん」の西門役でブレイクした東出昌大の学ラン姿が新鮮だ。(スコープ・129分・14年4月12日)
[PR]
by faff | 2014-03-04 10:19 | 映画