試写室でこれから公開される新作映画を見ている筆者たちによる批評を掲載。時には辛口の、時には思いやりのコメントをお楽しみ下さい。 福岡アジア映画祭の上映案内も掲載


by faff
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2012年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

 湾岸署の管内で開催中のエネルギーサミットの会場で、誘拐事件が起きる。数時間後に射殺された被害者が発見される。使用されたのは、6年前の事件で押収され、保管庫に保存されていた拳銃。警視庁は、拳銃の出所を隠して、湾岸署に捜査本部を作るが、所轄には、何の情報も開示されない。何かウラがあると感じた青島刑事は、独自に捜査を始めるが、…。お馴染みの“踊るメンバー”の軽快なギャグの連発に笑いながらも、警察という組織の中で翻弄される人々の悲哀が深く込められたファイナルになっている。(スコープ・127分・12年9月7日)
[PR]
by faff | 2012-08-29 14:20 | 映画
 ゲーム「バイオハザード」のフルCGアニメ第2弾。東欧・東スラブ共和国では、反政府軍による独立運動が起こり、壮絶な戦場と化していた。生物兵器「B.O.W.」が実戦に投入されたという情報を受け、アメリカ大統領直属エージェントのレオンは、共和国に潜入する。とろこが、直後にアメリカから撤退命令が下されるが、レオンは、戦場に残り、「B.O.W.」を追う。リッカーが現れ、反政府勢力によって拉致されるレオン。政府軍の総攻撃が迫る中、果たして、レオンは脱出できるのか!?アニメなので、リッカーなどのクリーチャーがよりグロテスクに描かれ、その気持ち悪さはPG12でいいの?という感じ。ゲームよりかなりグロな展開のようだ。(ヴィスタ・100分・12年10月27日)
[PR]
by faff | 2012-08-28 15:16 | 映画
 14歳で故国イランを離れ、ヨーロッパで波瀾の青春をおくった自伝アニメ「ペルセポリス」で一躍有名になったマルジャン・サトラビ監督が、次回作に選んだのは、自作コミックの実写映画化。天才音楽家ナセル・アリは、大切なバイオリンを壊され、死ぬことにする。1日目、彼はただベッドに横たわり、静かに死のうとする。しかし、妻のファランギースは、そんな夫を気にも留めず、腹を立ててばかり。娘のリリだけが、心配してくれる。2日目、ファランギースがナセルの弟のアブディに相談するが、やってきた弟とナセルは、兄弟ゲンカ。そんな感じで、日々が過ぎていき、ナセルは、最後の夢を見る。「ペルセポリス」同様、独特の雰囲気に満ち溢れたファンタジーだ。(スコープ・92分・12年11月10日)
[PR]
by faff | 2012-08-27 10:06 | 映画
 マロリー・ケインは、世界中で危険な秘密作戦を実行するプロのスパイ。軍事企業のトップからの依頼を受け、バロセロナで人質救出を成功させた彼女は、休む間もなくダブリンへ。ところが、そこで待っていたのは、非情な罠だった。命を守るために戦うマロリー。しつこく追ってくる敵の正体は?アメリカ総合格闘技界のカリスマスター、ジーナ・カラーノの身体能力が素晴らしい!スティーブン・ソダーバーグ監督作品だけに、ユアン・マクレガーやマイケル・ダグラス、アントニオ・バンデラスなどの共演陣が豪華だ。あのマイケル・「シェイム」ファスベンダーだって脇役だ。(スコープ・93分・12年9月28日)
[PR]
by faff | 2012-08-24 11:21 | 映画
 豊臣秀吉は、敵である北条勢を打ち負かし、天下統一の目前だった。そこで、寵愛する家臣・石田三成に手柄をたてさせるべく、2万の軍勢を率いて、小さな田舎の城“忍城(おしじょう)”の攻略を命じる。せいぜい500名ぐらいしか戦えない忍城は、簡単に降伏すると思われていた。ところが、城を治めることになった成田長親は、ちょっと普通と変わっていた。農民たちから“のぼう様”と呼ばれる彼は、石田軍と戦うと言ってしまう。それから、20000VS500のとんでもない戦いが始まってしまう!かなり荒唐無稽な話だが、実際に起こった出来事を元に作られているというので、こんなこともあったのだろう。広大な大地に作られた巨大な“浮き城”のオープンセットで、戦国時代のユニークなバトルが繰り広げられるのは、見ていて、爽快な気持ちにさせられる。(スコープ・145分・12年11月2日)
[PR]
by faff | 2012-08-23 10:13 | 映画

日本映画「終の信託」

 周防正行監督が「Shall we ダンス?」以来16年ぶりに、草刈民代、役所広司とタッグを組んだ社会派の問題作。総合病院の呼吸器内科に勤める折井綾乃は、患者からも評判によいエリート医師だ。しかし、不倫関係にあった同僚の医師に振られ、自殺未遂騒動を起こしてしまう。そんな彼女を癒してくれたのは、重い喘息で入退院を繰り返していた江木という初老の男性だった。綾乃と江木は、それぞれが抱えている悩みを打ち明けあい、深い絆で結ばれる。しかし、江木の病状は悪化していた。そして、死期が迫っていることを自覚した江木は、綾乃に“あること”を依頼する。延命治療とは、どこまで必要なのか!?患者に、“尊厳死”の自由はあるのか!?次々と高度な医療技術が発達する中、医師は、どこまで延命の努力をしなければならないのか!?さまざまな問題をはらみ、議論を巻き起こすのが必定だ。(ヴィスタ・144分・12年10月27日)
[PR]
by faff | 2012-08-21 10:10 | 映画
 四国・徳島県の山間にある小さな町・上勝町は、高齢者が半数近くを占める過疎地だ。その年の冬は、一番の収入であるミカンが全滅し、代わりに作った野菜も全然売れない悲惨な状況だ。そんな苦しい状況を打開しようとアイデアを探していた農協職員の江田は、居酒屋で目にした光景をヒントに、料理の彩りに使う<つまもの>と呼ばれる葉っぱを売ることを思いつく。しかし、町の人々は猛反対。面白半分でのってきた花恵と薫は、家族に内緒で、葉っぱ作りを始める。出荷した“葉っぱ”は、市場では売り物にはならない。だが、花恵たちの思いは、次第に変化していく。今や、年商2億円以上にも成長した“葉っぱ”ビジネスは、実際に四国の小さな町で起こった奇跡だ。おばあちゃんたちに扮するのが、吉行和子、富司純子、中尾ミエという豪華な女優で、かなり元気だ。畑でiPadを使いながら注文を取るばあちゃんたちの姿が面白い!御法川修監督は、第23回福岡アジア映画祭で上映させていただいた「色彩の記憶」でも“色”にこだわっていたが、今作でも色をうまく使い分けている。(ヴィスタ・112分・12年9月15日)
[PR]
by faff | 2012-08-20 10:55 | 映画
 1874年、ドイツのブラウンシュヴァイクのカタリネウム校に、若き英語教師コンラート・コッホが赴任してくる。しかし、フランスとの普仏戦争に勝利した帝政ドイツは、次なる敵国としてイギリスに対する嫌悪感が高まっていた。英語に対する興味を少しでも持って、楽しく授業をするために、コッホ先生は、イギリスから持ち帰ってきたサッカーボールを使うことにする。今までやったこともないサッカーのゲームに夢中になり、英語も覚えるようになる生徒たち。しかし、そのことを知った学校側は、敵国のスポーツであるサッカーを禁止にしてしまう。だが、コッホ先生は、そんなことでは落ち込まない。そして、生徒たちも、…。19世紀末のドイツでは、サッカーは、“反社会的”なゲームだったのだ。今や、サッカー大国となったドイツ。そんな“ドイツ・サッカーの父”と言われた実話を見ていると、大きな時代を深く感じる。(スコープ・114分・東京12年9月15日、福岡10月)
[PR]
by faff | 2012-08-17 16:22 | 映画
 南米コロンビア、9歳の少女カトレアは、裏社会のボス、ドン・ルイスの命令によって目の前で両親を惨殺される。父親の指示で、シカゴの叔父の元に辿りついた彼女は、成人し、美しく冷酷な殺し屋に成長していた。そして、23件もの困難な“仕事”をこなしてきた彼女は、ついに両親の仇の情報を掴む。復讐に燃えるカトレアは、動き始める。しかし、彼女の存在に気付いたドン・ルイスも応酬の命令を出す。リュック・ベッソンが長年夢見ていた「レオン」に続く“女性アクション”映画。「アバター」のゾーイ・サルダナは、“クラヴマガ”というイスラアエルの格闘技のトレーニングをしたということで、すらりとしスタイルながら、かなりハードなアクションを見せてくれる。(スコープ・108分・12年9月1日)
[PR]
by faff | 2012-08-10 11:02 | 映画
 国際平和維持組織シールドの基地で、四次元キューブの研究が行われていた。しかし、制御不能になったキューブは、異次元世界につながるワームホールを生み出し、そこから現れたのは、アスガルドを追放された邪悪な神ロキだった。兄ソーへの復讐と地球の支配を企むロキは、セルヴィグ博士とホークアイをコズミック・スピアによって洗脳し、キューブを強奪する。地球滅亡の危機に瀕したシールドのフューリー長官は、周囲の反対を押し切って、“パワー”を持つ7人のメンバーによる“アベンジャーズ”の結成を開始する。それぞれに悩みを持ち、他人から距離を置いて穏やかに暮らすヒーローたち。一クセも二クセもあるヒーローたちは、すんなりチームを組もうとはしない。そんな彼らをどうやって説得して、結集させたのかというプロセスが丁寧に描かれていて、単なるコミックものとは一線を画している。また、ナターシャとクリント、スタークとペッパー・ポッツ、そしてソーとロキの兄弟愛など、ドラマ部分もきちんと描かれている。ホークの活躍が予想以上に多いのも見ものだ。来年GWの「アイアンマン3」、11月の「マイティ・ソー2」、2014年の「キャプテン・アメリカ2」、そして、2015年の「アベンジャー2」と、マーベルの快進撃は、まだまだ続く!(ヴィスタ・144分・12年8月14日)
[PR]
by faff | 2012-08-09 16:12 | 映画