試写室でこれから公開される新作映画を見ている筆者たちによる批評を掲載。時には辛口の、時には思いやりのコメントをお楽しみ下さい。 福岡アジア映画祭の上映案内も掲載


by faff
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2012年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧

 天体ゴールデンイヤーに贈る“江戸×天体”映画。江戸時代、日本は800年前の中国の暦を使っていたため、暦に大きなズレが生じ始めていた。そんな暦の間違いを正し、新しい暦を作るという一大計画のリーダーに大抜擢されたのが、安井算哲だった。彼は、碁打ちであったが、星の観測や算術に長けていた。しかし、暦の間違いを正すためには、途方もない労力と時間が必要だった…。パソコンやケータイなどの電子機器のない時代に、とにかく“人”の力で、天文や数学、そして時間に挑戦した実在の男・安井算哲。彼がいたから、今の暦がある!江戸時代に本当に夢とロマンに向かって突き進んだ、こんな男がいたんだ。算術の部分が理屈が多く、ちょっと難解で分かり辛いが、天体観測の器具などは、大掛かりなオモチャのようで、興味深い。また、裏側で糸を引く幕府の役人たちの姑息な行動は、今の政治家に通じるものがある。(スコープ・141分・12年9月15日)
[PR]
by faff | 2012-07-27 20:15 | 映画
 歴代興収No.2という大ヒットになったフランス映画。パリ郊外に住む大富豪フィリップは、ハングライダーの事故で、首から下が麻痺して動かない。そんなリッチな家に、介護人の面接にやって来たスラム出身の黒人青年ドリスは、なぜか、採用されてしまう。生まれも育ちも全く異なる2人だったが、偏屈で頑固なフィリップの命令に、全然動じずにマイペースで仕事をこなすドリスとの間に、次第に不思議な絆が芽生えていく。普通だったら全く違う世界に暮らす2人が、出会い、深い絆で結ばれていくという感動の実話なのだが、暗い話でなく、要所々々にコミカルなギャグが盛り込まれていて、ある意味、コメディになっているところが、フランス人にウケたところなのだろう。実際の話もハッピーエンドなので、映画も楽しくということだろう。(ヴィスタ・113分・12年9月1日)
[PR]
by faff | 2012-07-27 10:30 | 映画
 新米CIA職員マットの仕事は、“隠れ家”の管理人。しかし、南アフリカのケープタウンにある隠れ家は、めったに使われることはない。ところが、そんなマットの隠れ家に、ある日、大物犯罪者が護送されてくる。CIA史上最高のエリート諜報員と言われたトビン・フロストだ。今や、フロストは、世界36カ国から指名手配を受けている危険人物だった。そんなフロストの到着と同時に、隠れ家が襲撃され、マットは、フロストと共に、逃亡することになる。果たして、フロストは、何をしたのか!?そして、彼は、本当に犯罪者なのか!?共に逃亡するうちに、マットは、真実を知っていく!クルに追っ手を撃ち殺すデンゼル・ワシントンの悪役ぶりがなかなかサマになっている。(スコープ・115分・12年9月7日)
[PR]
by faff | 2012-07-26 11:44 | 映画
 苛酷な石油採掘現場で働くのは、元囚人や脱走兵など世間からドロップアウトしてきた男たちばかり。そんな男たちを乗せた飛行機が、アラスカの荒野に墜落する。生き残ったのは、たったの7人。大雪原の中に取り残された男たちを縄張りを侵された野生のオオカミたちが襲って来る。野獣の攻撃から作業員を守るために雇われていた射撃の名手・オットウェイは、オオカミの習性を説明し、林への移動を提案するが、…。「凍える太陽」というぐらいだから、とにかく、すべてが氷る世界で、そんな中を地図も何もなく、ひたすら移動する男たちの姿があまりにも悲惨で、“なぜ、こんな映画を作ったのか?”という素直に疑問が頭から離れなかった。(スコープ・117分・12年8月18日)
[PR]
by faff | 2012-07-25 21:15 | 映画
 シンガーになるためにオクラホマからロスに出てきたシェリーは、伝説のライブハウス「バーボンルーム」で働く青年ドリューのお陰で、店でウェイトレスをやることになる。店に集まってくる若者たちの夢は、チャンスを掴み、スターになること。かつて一世を風靡し、スターダムへと伸し上がったロックバンド“アーセナルズ”のボーカル、ステイシー・ジャックスも、そのひとりだった。しかし、“ロックの神様”と呼ばれたスチシーの人気にも陰りが見え始め、ソロでの再起も前途多難だった。ブロードウェイで今なおロングランヒット中の人気ミュージカルの映画化だが、落ちぶれたロックミュージシャンを演じるのが、トム・クルーズとあって、彼のキャラクターを中心に、大幅にストーリーをアレンジ。また、「バーボンルーム」のオーナーを演じるアレック・ボールドウィンや、市長夫人役のキャサリン・セダ=ジョーンズなど、映画ならではの豪華なキャストが歌って踊りまくる贅沢なハリウッド・ミュージカルだ。(スコープ・123分・12年9月21日)
[PR]
by faff | 2012-07-25 15:19 | 映画
 ダークナイトが闇に消えてから8年。ゴードン市警本部長は、ハービー・デントの正体を明かす原稿を書いてくるが、その発表は控えてしまう。デント法のお陰で、犯罪者たちは投獄され、平穏なゴッサム・シティーになったからだ。しかし、その静けさは、一時的なものでしかなかった。覆面テロリスト、ベインは、恐るべき破壊計画を実行に移し始める。その巧妙な計画を阻止できるのは、“彼”しかいない。果たして、悲痛のもとに引退してしまっていたブルース・ウェインは、再びマスクをかぶることができるのか!?「ダークナイト」3部作が、今、完結する。IMAXキャメラで撮られた映像は、迫力満点で、スピーディー。そして、このシリーズの特徴であるブルース・ウェインの人間的な葛藤がさらに奥深い!(スコープ・165分・12年7月28日)
[PR]
by faff | 2012-07-19 12:03 | 映画
 高倉健、6年ぶりの主演作。富山の刑務所で指導技官をやっている倉島のもとへ、亡くなった妻・洋子からの絵手紙が届く。そこには、“故郷の海を訪れ、散骨して欲しい”と書いてあった。さらに、もう1通の手紙は、故郷である長崎県平戸市の郵便局の局留めになっていて、10日以内に受取らなければ、ならなかった。倉島は、長い間勤めていた刑務所に辞表を出して、キャンピングカーで、長崎までの旅に出る。そして、その旅の途中で、さまざまな人たちと出会うことによって、倉島は、亡き妻の愛情を知ることになる。途中で出会う人たちのキャストの豪華さは、一重に高倉健の作品ということに尽きるだろう。久しぶりの撮影現場は楽しくて仕方がないといった感じで、うれしそうに演技する健さんの姿に、これまでの作品が甦ってくる。(ヴィスタ・111分・12年8月25日)
[PR]
by faff | 2012-07-18 11:32 | 映画
 「スノーホワイト」とは、かなり異なるテイストの、“もう一つの「白雪姫」実写版”。継母の女王にイジメられ、18歳になっても城に閉じ込められていた白雪姫。贅沢な生活が過ぎ、破産寸前に追い込まれた女王は、リッチな隣国のハンサムな王子と結婚することで、富と愛を一気に手にいれようと企む。しかし、王子は、白雪姫に一目惚れ。怒った女王は、臣下に姫の暗殺を命令するが、…。とにかく口の悪い毒舌ワガママ女王を演じるのは、ハリウッド・アイコン、ジュリア・ロバーツ。「鏡よ、鏡」の名セリフで、鏡の精とのヒステリックなやり取りをする悪役がぴったりだ。対する白雪姫は、7人の小人たちに鍛え上げられて、闘うプリンセスに成長していく。演じるのは、歌って踊れるリリー・コリンズ。フィル・コリンズの娘だ。これまで、ダークな世界を描くことを得意としていたターセム監督だが、今回は、出身であるインドのボリウッド・ミュージカルのような華やかな世界を堪能させてくれる。(ヴィスタ・106分・12年9月14日)
[PR]
by faff | 2012-07-17 12:02 | 映画
b0130862_10322439.jpg
7月15日(日)第26回福岡アジア映画祭2012、盛況のうちに終了。福岡グランプリ2012は、韓国映画「ネバーエンディングストーリー」。審査員の唐寅さんから賞状、ジャン=クリスチャン・ブーヴィエさんからトロフィーが贈られました。さらに、アン・ソンギ氏に、福岡アジア映画祭・終生達成賞のトロフィーが贈られました。
[PR]
by faff | 2012-07-15 10:29 | 上映会
7月13日(金)から第26回福岡アジア映画祭2012の後半戦。ゲストは、台湾の林育賢(リン・ユーシェン)監督、ファン・インホ監督(韓国)、キム・ダルジュン監督(韓国)、チョン・ヨンジュ監督(韓国)、そして、韓国を代表する国民俳優アン・ソンギ氏。会場の明治安田生命ホールに集合!
[PR]
by faff | 2012-07-13 10:28 | 上映会