試写室でこれから公開される新作映画を見ている筆者たちによる批評を掲載。時には辛口の、時には思いやりのコメントをお楽しみ下さい。 福岡アジア映画祭の上映案内も掲載


by faff
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2012年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧

 オリンピックでの勝利を掴むために、新監督は、引退していたマノを再び、ペースメーカーに起用する。優勝候補の選手のために、30キロまで全力で走り、ペースを作っていくマノ。しかし、彼は、これまで何のためにマラソンをしてきたのか!?マラソン選手であるにも関わらず、一度も脚光を浴びたことがない彼は、ジレンマに陥ってしまう。しかし、再び、走り始める。そしてついにロンドンオリンピックが開催される。そして、…。まさか本物のロンドンのマラソンコースが出てくるとは全く予想していなかったので、最後は、それだけでびっくり。そして、さらに、…。久しぶりに感動のスポ根ドラマ。(スコープ・122分・7月の第26回福岡アジア映画祭2012で日本初公開!)
[PR]
by faff | 2012-03-31 11:56 | 映画
 1881年、エドガー・ライス・バローズは、叔父ジョン・カーターから至急電報をもらい、駆け付けるが、すでに亡くなっていた。そして、残された日記には驚くべきことが書かれていた。時は遡って、1868年。南北戦争に従軍していたカーターは、洞窟で襲って来た男が何か呪文を唱えた途端に、瞬間移動してしまう。そこは、未知なる惑星バルスームだった。その星は、全宇宙を支配しようとする“マタイ・シャン”によって滅亡の危機に瀕していた。そこに留まり、救世主として戦うことを望まれるカーターだったが、過去の出来事が彼を躊躇させていた…。壮大なスケールと最新のSFXで描かれるSFアドヴェンチャーだが、原作「火星のプリンセス」が書かれたのが、100年前の1912年で、その古さは否定できない。(スコープ・133分・12年4月13日)
[PR]
by faff | 2012-03-29 11:05 | 映画
 手作りケーキの店がつぶれて、恋人にも逃げられてしまった30代独身のアニー。親友のリリアンが急に結婚することになり、メイド・オブ・オナー(花嫁介添人のまとめ役)を頼まれてしまう。しかし、孤軍奮闘する彼女の前に、超豪華パーティーや高級ドレスを提案する金持ち女ヘレンや、クセものだらけのブライズメイズ(花嫁介添人たち)が現れ、アニーの計画は、最悪の事態に落ちいっていく…。女性版「ハングオーバー!」といった感じのコメディだが、結構、グロなエピソードもある。メイド・オブ・オナーって、本当に大変な役割だ!(スコープ・125分・12年4月28日)
[PR]
by faff | 2012-03-29 11:04 | 映画
 古代ローマ帝国で浴場を設計していたルシウスが、突然、現代日本の銭湯にタイムスリップしまう。日本の風呂にカルチャーショックを受けた彼は、ローマに帰ってから、次々と斬新なアイデアの風呂を作り、一躍、有名人に。そして、時の皇帝ハドリアヌスから自分の後継者であるケイオニウスのために、大浴場の建設を命じられるが、…。古代ローマと現代日本を行ったり来たりするというアイデアがユニーク。主演の阿部寛を始め、顔の濃い役者たちが古代ローマのセットの前でも全く違和感がないのが凄い。テルマエ・ロマエとは、「ローマの風呂」のこと。(スコープ・108分・12年4月24日)
[PR]
by faff | 2012-03-28 11:02 | 映画
 空き巣を仕事にしている青年・今村は、ある日、空き巣に入った家の留守番電話で、その部屋の住人の恋人からのメッセージを聞いてしまう。そして、屋上で自殺しようとする女性を助けた彼は、そのまま同棲。そんな今村には、同じ日に同じ病院で生まれたプロ野球選手の尾崎に特別な感情を抱いていた。そして、また、偶然の出来事が、…。「ゴールデンスランバー」の伊坂原作・中村監督・斉藤音楽チームが、被災地・仙台オールロケで作った、心温まる68分。このチームの映画にはなくてはならない役者である濱田岳が、普通だけど傷付きやすい青年を見事に演じ切っている。(ヴィスタ・68分・12年5月12日)
[PR]
by faff | 2012-03-27 11:28 | 映画
 ハリウッドで映画の脚本を書いているギルは、婚約者イネズの父親の出張旅行に便乗して、憧れのパリにやってくる。しかし、彼は、低俗な娯楽映画のシナリオライターではなく、本格的な作家になりたいという夢を捨ててはいなかった。そんなギルが、真夜中の鐘の音に導かれ、さまよい込んだところは、1920年代のゴールデンエイジだった。そこには、ヘミングウェイやフィッツジェラルド、ピカソ、ダリ、ゴーギャンなどの偉大な芸術家たちが勢揃いしていた。ウディ・アレンの新作は、主人公が夜な夜なタイムスリップして、芸術家たちに出会うという奇想天外なファンタジー。そんなにパリが好きだったのか!?芸術家たちに扮してる俳優たちの豪華なこと。ギルがブニュエルに語るアイデアは、「皆殺しの天使」。(ヴィスタ・94分・12年5月26日)
[PR]
by faff | 2012-03-26 12:00 | 映画
 大学入学試験の出題ミス問題を告発しようとして解雇されたキム・ギョンホ教授が解雇される。しかし、裁判では彼の処分は認められてしまう。怒った教授は、アーチェリーを持って、裁判官の家で待ち伏せ、矢を放つ。そして、逮捕された教授の裁判が始まる。果たして、教授は本当に裁判官を殺害しようとしたのか!?いやいやながら、彼の弁護につくっことになった弁護士の奮闘が裁判を意外な方向に向かわせていく。裁判ドラマなので、難しいセリフが多いが、そこは理知的名優アン・ソンギのスマートな“異義あり”でスピーディーに展開されていき、退屈させない出来だ。ベテラン監督チョン・ジヨンの久しぶりの新作だが、韓国では予想外の大ヒットになっている。低俗なアイドル映画に嫌気がさした観客が久々の“本物の映画”を見にきた、ということなのだろう。(スコープ・100分)
[PR]
by faff | 2012-03-26 11:16 | 映画

香港から帰国

3月25日(日)香港から帰って来ました。あちらでは、毎日朝から夜遅くまでアジア各国の最新作を見て、今年の福岡アジア映画祭での上映作品を選んできました。また、多くの監督たちとも久しぶりの再会を分かち合ってきました。
[PR]
by faff | 2012-03-25 11:14 | 日記

香港映画祭

3月18日から25日まで、香港フィルマート、第6回アジアフィルアワード授賞式、第36回香港国際映画祭に出席します。
[PR]
by faff | 2012-03-18 11:13 | 日記
 幼いころ、“2人で一緒に宇宙に行こう!”と約束を交わしていた兄のムッタと弟のヒビト。19年後、ヒビトは、本当に月へ旅立とうとしていた。そんな弟の活躍を尻目に、ムッタは、務めていた自動車会社をクビになってしまう。そんなムッタのもとに、JAXA(宇宙航空研究開発機構)から宇宙飛行士試験の書類選考通過の手紙が届く。兄に内緒でヒビトが応募していたのだ。ずっと約束を忘れていなかった弟の思いを受け、ムッタは夢に向かって、動き始める。しかし、そこには想像を遥かに越える厳しい訓練の日々が待っていた。天然パーマというか、アフロヘアの小栗旬のコメディ演技が面白い!NASAケネディ宇宙センターでの大掛かりなロケが見どころ。(ヴィスタ・129分・12年5月5日)
[PR]
by faff | 2012-03-15 11:12 | 映画