試写室でこれから公開される新作映画を見ている筆者たちによる批評を掲載。時には辛口の、時には思いやりのコメントをお楽しみ下さい。 福岡アジア映画祭の上映案内も掲載


by faff
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2011年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

第25回福岡アジア映画祭2011上映スケジュール 
(5月21日現在。ゲスト、作品などが変更になる場合もあります。)                                
7月1日(金)11:00~「韓国映画の秘密」
       13:00~「井の中の蛙」「IPPO IPPO」*ティーチ・イン
15:00~「さよならUR」*ティーチ・イン
       17:00~「選挙・日本の場合2」
       19:00~「Yakuza Eiga」     
7月2日(土)11:00~「Ata」「Six」
  13:00~「さようならUR」
       15:00~「韓国映画の秘密」       
       17:00~「Yakuza Eiga」
       18:30~「選挙・日本の場合2」*ティーチ・イン
7月3日(日)11:00~「井の中の蛙」「IPPO IPPO」*ティーチ・イン
  13:00~「さようならUR」*ティーチ・イン
       15:00~「選挙・日本の場合2」*ティーチ・イン
       17:00~「韓国映画の秘密」
       18:30~「Ata」「Six」      
       *以上、大名・九州日仏学館5Fホール(地下鉄赤坂駅3番出口そば)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

7月 8日(金)16:30~「超能力者」*ティーチ・イン
        19:00~「ハロー・ゴースト」*ティーチ・イン
7月 9日(土)11:00~「マダムX」*ティーチ・イン
        14:00~「初恋の嵐」*ティーチ・イン       
         16:30~「ハロー・ゴースト」*ティーチ・イン
        19:00~「深夜のFM」*ティーチ・イン                   
7月10日(日)10:30~「初恋の嵐」*ティーチ・イン
        13:00~「超能力者」*ティーチ・イン
        16:00~「深夜のFM」*ティーチ・イン
        18:30~ グランプリ発表
             「マダムX」*ティーチ・イン
       *以上、福岡・中洲・明治安田生命ホール

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆料金:前売(1作品券)¥1400(5作品券)¥6000(10作品券)¥10000 
     当日(一般)¥1800(大学)¥1500(中高・シニア60才以上)¥1000 
     パーティーチケット¥4500(当日¥5000)

*前売券は、チケットぴあ、(Pコード:462-849)、ローソンチケット(Lコード:88466)、セブンイレブン、九州日仏学館、キャナルシティ、博多リバレイン地下2階アートリエなどにて発売中!
☆主催:福岡アジア映画祭実行委員会 電話092ー733ー0949  
☆映画祭ホームページ http://www2.gol.com/users/faff/faff.html
                e-mail: faff@gol.com 
*ゲスト、作品などが変更になる場合もあります
[PR]
by faff | 2011-05-23 15:53 | 映画
今年は、25周年! 毎年夏、山笠の季節、
ボランティアの手で企画・運営されている福岡恒例の市民イベント

2011年7月1日(金)~7月10日(日)        

★上映スケジュール調整中
7月1日(金)~7月3日(日)九州日仏学館5Fホール(地下鉄・赤坂駅3番出口)
7月8日(金)~7月10日(日) 中洲・明治安田生命ホール(地下鉄・中洲川端駅)

上映予定作品
061.gif『超能力者』 Haunters 韓国・2010年・114分 監督:キム・ミンソク
 カン・ドンウォンとコ・スという2大イケメンスター競演のサスペンス・アクション。超能力によって殺人を続けるチョイン。その力が通じないただ一人の男ギュナム。宿命の相手に出会い、凄まじいサイコバトルが始まる!日本初公開!
061.gif『ハロー・ゴースト』 Hallo Ghost 韓国・2010年・111分 監督:キム・ヨンタク
 自殺しようとした主人公は、周りに幽霊の姿が見えるようになる。消えてくれるように幽霊たちの願いを聞いていくうちに、思いもよらない展開が主人公を待ち受けていた。チャ・テヒョン主演の心温まるヒューマン・コメディ。日本初公開!
061.gif『深夜のFM』Midnight FM 韓国・2010年・106分 監督:キム・サンマン
 娘の病気のため、5年間務めてきたラジオの深夜番組を終えることになったカリスマDJソヒョンの番組に、自分の指示どおりの曲をかけなければ、家族を殺すという男からの脅迫電話が…。ユ・ジテが恐怖の殺人鬼を演じるサイコ・スリラー。日本初公開!
061.gif『初恋の嵐』 Tempest of First Love 初恋風暴 台湾・2010年・110分 監督:江豊宏(ジャン・フォンホン)
 母親の浮気現場を目撃してしまった女子校生カイは、浮気相手の息子チュンを見つけ、お互いに両親の離婚を防ぐために、協定を結び、恋人同士を装おうことに…。台湾の若手スター、トニー・ヤンとミシェル・チェン主演の爽快な青春ラブ・コメディ。日本初公開!
061.gif『マダムX』Madame X  インドネシア・2010年・102分 監督:ラッキー・クスワンディ
 美容師のアダムは、自分たちの“ゲイ・コニュニティ”を排除しようとする保守的政治グループの襲撃に合うが、辛くも脱出。スーパーヒーロー“マダムX”に変身して、悪人たちに戦いを挑む。デジタルCGを駆使したアクションシーンが楽しい!日本初公開!
061.gif『さようならUR』 Good Bye UR 日本・2011年・70分・DV 監督:早川由美子
 耐震問題で取り壊しが決まった東京都のあるUR(旧住宅公団)。突然の方針転換に驚く住民たち。専門家、UR、国交省…と取材する中で、地震国・日本の公共住宅とその将来を考えていく、異色の“住宅”ドキュメンタリー映画。九州初公開!
061.gif『選挙・日本の場合2』 Election in Japan 2 韓国・日本・2010年・96分・DV 監督:金知映(キム・ジヨン)
 高知の町長選挙に突然、立候補した蜷川澄村氏は、周囲の人々を巻き込みながら、保守的な町に一大センセーションを巻き起こしていく。韓国人女性監督が見た「日本の選挙」は、日本特有のユニークな世界に写り、とても滑稽だ。日本初公開!
061.gif『韓国映画の秘密』Through Korean Cinema イタリア・2010年・70分・DV 監督:レオナルド・シニエリ・ロンブロッソ
 新鋭イタリア人監督によるドキュメンタリー。イム・グォンテク、パク・クァンス、イ・チャンドン、イ・ミョンセ、パク・チャヌクといった韓国を代表する監督たちへのインタヴューを交えながら、韓国映画の秘密を歴史的にひも解いてゆく。日本初公開!
061.gif『YAKUZA EIGA 日本映画の秘密』 Yakuza Eiga フランス・2009年・73分・DV 監督:イブ・モンマイヤー
 日本映画の中でも特異なジャンルである「ヤクザ映画」の秘密について、フランス人監督が撮った異色のドキュメンタリー。深作欣二、中島貞夫、三池崇史監督などのほか、松方弘樹、小沢仁志、さらには元ヤクザにもインタヴューしている。日本初公開!
061.gif『Six』Six 日本・フランス・2009年・28分・DV 監督:チャーラ・ゼンジルジ、ギヨーム・ジョヴァネッティ
 映画関係者に愛される新宿ゴールデン街のバー「ラ・ジュテ」。6人の常連客たちがやってくるが、フランス語が堪能なママの姿はなく、客たちは自分たちで飲み物を用意しながら、日常のしがらみから一時の解放を味わう。九州初公開
061.gif『ATA』ATA フランス・2008年・26分・DV 監督:チャーラ・ゼンジルジ、ギヨーム・ジョヴァネッティ
 トルコからフランスにやってきたジェイダは、ホームシックに。ある日、中国ウィグル地区から亡命して出稼ぎに来ている初老の男アハトジャンと出会う。同じ言葉を喋り、同じ祖先を持つ2人は、異郷の地パリで心を通わせるが、…。九州初公開!
061.gif『井の中の蛙』Frog in the Well  日本・2010年・15分 DV 監督:落合賢
 “遺灰を稚内と琵琶湖、沖縄に撒いてほしい”という母親の遺言をきっかけに、東京に住む青年・丈は、北海道から沖縄まで日本を縦断する一人旅に出る。そして、遺言を叶える旅は、青年から成年への成長の旅へと変化していく。九州初公開!
061.gif『IPPO IPPO』IPPO IPPO 日本・2010年・47分・DV 監督:和氣正太郎
 女性サバイバー(がんを克服した人)マーシャさんは、静岡県がん患者会「一歩一歩の会」が主催した富士山登山に初めてチャレンジした。この登山に同行することで、彼女のジレンマや恐れ、そして希望などが分ってくる。九州初公開!
◎福岡アジア映画祭基金にご協力を!
 私たちの「福岡アジア映画祭」は、100名以上のボランティアと地元企業を始めとするさまざまな協賛金、そして全国から寄せられた「福岡アジア映画祭基金」によって、すべてが運営されています。皆様の温かい募金をお待ちしています。
 郵便振替 01790-4-71389 口座名  福岡アジア映画祭基金


☆料金:前売(1作品券)¥1400                                  
(5作品券)¥6000、(10作品券)¥10000 当日(一般)¥1800、(大学)¥1500、(高中・シニア60才以上)¥1000 パーティーチケット¥料金未定(9日夜*メールで予約。)

*前売券は、チケットぴあ(Pコード:462ー849)、ローソンチケット(Lコード:88466)、セブンイレブン、サークルKサンクス、九州日仏学館、キャナルシティ、博多リバレイン地下アートリエなどにて発売中!(回数券は、お友達と分けて使用できます。)              
◎GUESTS 予定 キム・ミンソク監督(韓国)、キム・ヨンタク監督(韓国)、キム・サンマン監督(韓国)、江豊宏(ジャン・フォンホン)監督(台湾)、ラッキー・クスワンディ監督(インドネシア)、金知映(キム・ジヨン)監督(韓国)、早川由美子監督(日本)ほか。
◎ゲスト作品については、上映後ティーチ・イン(質疑応答)を行います。

☆主催:福岡アジア映画祭実行委員会 電話092ー733ー0949            
☆映画祭ホームページ http://www2.gol.com/users/faff/faff.html           

e-mail: faff@gol.com 

*上映作品、ゲストなどが変更になる場合があります。  
b0130862_14163798.jpg

[PR]
by faff | 2011-05-21 13:48 | 映画
中国のミツバチ・ジプシー』采花大道 
中国・2009年・60分・DV 監督:ジュー・アンキ
トラックいっぱいに積み込んだミツバチの巣箱と共に、一家は一年中、中国の大地を1万キロもの旅をしながらハチミツを集める。それは、さまざまな花を求めて旅をするジプシーのようだ。                 中国のインディーズ・シーンをリードする「中国之夜」のジュー・アンキ監督の最新作。

●日時:2011年5月21日(土)1回目:11:30~、2回目:13:30~、3回目:16:00~

●会場:九州日仏学館・5Fホール   
    (福岡市中央区大名2ー12ー6、
 地下鉄赤坂駅3番出入口、電話712ー0904)

●会費: 前売1000円  当日1300円 
*前売券は、チケットぴあ、セブンイレブン、ローソンチケット、九州日仏学館、
キャナルシティ、リバレイン地下アートリエほかにて発売中!
●共催: 九州日仏学館  http://www.ifj-kyushu.org/
●主催/問合せ:オフィス・ヌーヴェルヴァーグ  電話092ー733ー0949
     http://www2.gol.com/users/faff  e-mail: faff@gol.com
[PR]
by faff | 2011-05-21 10:20 | 上映会
スペイン、バルセロナで、不法滞在の中国人が作る偽ブランドのバッグなどを路上で売らせるのを仕事としている男ウスバル。妻とは離婚し、幼い2人の子どもたちと3人暮らしだ。ところが、ある日、医者から“ガンで、余命2ヶ月”と宣告されてしまう。“俺が死んだら、残された子どもたちはどうなる!?”薬物依存から更正しようとする元妻マランブラを再び家に入れ、子どもたちとの“ひとときの幸せ”を味わうが、それも長続きはしない。彼にとって死は到底受け入れられない。しかし、運命は冷酷だ。アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督が、苛酷な人生の中で、いかに“生きる”かを描いたシリアスな感動作だ。黒澤明監督の「生きる」からも影響を受けているということで、Ikiru Films が共同製作となっている。(スコープ・148分・東京11年6月25日、福岡7月2日
[PR]
by faff | 2011-05-20 17:09 | 映画
電気工の仕事で家族を養う貧しい青年ヴィンスは、ある日、仕事先で、“大金が手に入る”という話を盗み聞きし、その“指示書”のとおりに、ある館に辿り着く。そこは、金持ちたちが大金を賭けて、ロシアン・ルーレットが行われる場所だった。集められたのは、17人。そして、脅威の死のゲームが開始される。2007年のグルジア映画「13/ザメッティ」をゲラ・バブルアニ監督が自らハリウッド・リメイク。ジェイソン・ステイサムやミッキー・ローク、ベン・ギャザラ(懐かしい!)など、有名スターも出てくるが、オリジナルのダークさは、しっかり受け継いでいて、かなり重たい!(スコープ・97分・11年6月18日)
[PR]
by faff | 2011-05-19 17:09 | 映画
 川島みなみは、病床の親友・宮田夕紀の頼みで、野球部のマネージャーになる。そして、軟弱でダレた野球部員たちの前で、“野球部を甲子園に連れて行く!”と宣言してしまう。マネージャーとしての仕事が分からないみなみは、本屋へ行って、店員に聞く。“何か解説書はありませんか?”そこで、店員から渡された本が、ドラッカーの『マネジメント』だった。みなみは、この本を読み、野球部の改革に取り組むのだった。ドラッカーの本は読んだことがないが、書いてあることは、いたって、常識的なこと。でも、そんな基本がしっかり成立してない、ということがポイントなのだろう。野球部だけでなく、いろんなところに当てはまるセオリーだ。AKB48人気で、この作品も大ヒットになるか!?(ヴィスタ・125分・11年6月4日)
[PR]
by faff | 2011-05-17 17:08 | 映画
親が勝手に決めた結婚から逃れるために、愛するピーターと駆け落ちしようと決める娘ヴァレリー。だが、その夜、ヴァレリーの姉が何者かに殺される。長い間の協定を破り、人狼が人間を襲ったのだ…。“人狼”というのは、普段は人間の姿をしているが、満月の夜になると、狼に変身する魔物だ。その人狼は、なぜ、長い間の協定を破って、娘を襲ったのか!? 人狼の本当の狙いは、何なのか!? 人狼の正体は、誰なのか!?大人版「赤ずきん」は、「狼男」的ゴシックホラーから、神父軍団と人狼の中世騎士アクションになり、最後は、複雑に絡み合う家族の血縁のサスペンスに昇華する、見どころ満載の意欲作だ。(スコープ・100分・10年6月10日)
[PR]
by faff | 2011-05-09 17:08 | 映画