試写室でこれから公開される新作映画を見ている筆者たちによる批評を掲載。時には辛口の、時には思いやりのコメントをお楽しみ下さい。 福岡アジア映画祭の上映案内も掲載


by faff
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2011年 04月 ( 17 )   > この月の画像一覧

ミュージカルの舞台監督ソ・ジウは、周囲の男たちを厳しく指導するバリバリのキャリアウーマン。だが、見合い相手のパイロットからのプロポーズを素直に受けることが出来ない。その理由は、初恋の人が忘れられないから…。そこで、「初恋探し株式会社」に行き、初恋の人を探してもらうことに。しかし、手がかりは、“キム・ジョンウク”という名前だけ。韓国映画お得意のロマ・コメで、ラストは見え見えなのだが、ジウとギジュンの気持ちの変化が丁寧に描かれている。大ヒットしたミュージカルが原作だが、そのミュージカルの演出をしたチャン・ユジョン監督は、韓国映画初のインド・ロケなど、かなり映画的なシーンをインサートして、奥行きを出している。ギジュンの姉を演じてるチャン・ヨンナムの顔を最近どこかで見たと思っていたら、「ハロー・ゴースト」の泣き虫幽霊だった。(スコープ・112分・11年6月18日)
[PR]
by faff | 2011-04-28 10:19 | 映画
大学受験を控えているのに成績が伸び悩み、暗い高校生活をおくっていた早坂紫(ゆかり)は、ある日、道ばたで、ヤザガク(矢澤芸術学院)の生徒にファッションショーのモデルにスカウトされる。受験のことで頭がいっぱいの紫は、“あんたたちの遊びにつきあっているヒマはない!”と突っぱねるが、彼らのひたむきな情熱に、次第に心を動かされ始める。そして、モデルを引き受けることに、…。「パラ・キス」と呼ばれる矢沢あいの超人気コミックは、すでにアニメにもなっていて、満を持しての実写映画化。北川景子、向井理を始め、若手人気キャストが、最新のファッションに身を包んで、夢に向って走り抜ける。まさに、青春映画の王道だ。(ヴィスタ・116分・11年6月4日
[PR]
by faff | 2011-04-27 10:19 | 映画
東京の会計検査院から3人の調査官が大阪にやってくる。国家予算が正しく使われているかのチェックだ。ところが、財団法人「OJO(大阪城趾整備機構)」を訪れたことで事態は思わぬ方向に展開し始める。そこには、予想を遥かに越える“大きな秘密”が隠されていた。そして、7月8日金曜日、午後4時 - 大阪が全停止する。「鹿男ああをによし」「鴨川ホルモー」など突拍子もないバトルをテーマにする万城目学の原作を壮大なスケールで映像化。かなり変化球なエンターテインメントだ。(スコープ・119分・11年5月28日)
[PR]
by faff | 2011-04-26 10:18 | 映画
銀行強盗の罪で10年の刑期を終えて出所して来た男ドライバーは、すぐその足で、あるオフィスに赴き、一人の男を射殺する。彼の目的は、“兄と自分を罠にはめた奴らを全員抹殺する”こと。次々とターゲットを殺していくドライバー。事件を担当することになり、ドライバーを追う初老のベテラン刑事“コップ”。さらに、ドライバー殺しを依頼された冷酷なエリート殺し屋“キラー”が加わり、三つどもえの闘いが繰り広げられることになる。プロレス出身で、「ハムナプトラ2」などでハリウッド映画でも活躍してるドウェイン・ジョンソンが挑む本格派肉体アクション。(スコープ・98分・11年5月21日)
[PR]
by faff | 2011-04-25 10:18 | 映画
天童純は、自分に自信がなく、やる気のない中学生だった。ところが、ある日、学校の帰りに“魔物”に襲われて、古い寺に迷い込んでしまう。僧侶・源雲に助けられるが、そのまま時空を越えて、1200年前の京都、平安京に連れていかれてしまう。そこでは、“鬼”と呼ばれる魔物たちが妖術を使い、人々の生活を脅かしていた。鬼たちを退治するためには、封印されている幻のオロチの力が必要だ。そして、その封印を解く“救いの御子”が純だというのだ。しかし、偶然傷ついた鬼の少女・水葉を助けたことから、運命は変わっていく。アニメとしては珍しい横長のシネスコ画面に、手書きで丁寧に描き込まれた平安時代の情景が映し出され、そこでスピード感たっぷりのバトルが展開される。TVのアニメとは大違いだ。(スコープ・98分・11年4月29日)
[PR]
by faff | 2011-04-25 10:17 | 映画
大平洋戦争中、満州で孤児になった永松カズは、朝鮮半島で親切な老女ヤンに助けられる。戦後、ソウルに住みついた彼女は、老女ヤンと再会する。だが、彼女は貧乏を苦に自殺してしまう。カズは、残された5人の子どもたちの面倒をみることにする。ところが、朝鮮戦争がぼっ発!プサンに疎開する一家。海岸にほったて小屋を立てたカズたちは、餅を売りながら生活するが、…。日韓基本条約が締結された1965年に製作され、日本でも劇場公開された感動の韓国映画。日本語版監修に「冬の華」「鉄道員(ぽっぽや)」などで有名な降旗康夫の名前があった。(スコープ・97分)
[PR]
by faff | 2011-04-23 10:17 | 映画
北海道の山中で、ワゴン車の中から中年男性の白骨死体が発見される。そばには男性寄り添うような大型犬の死体があった。遺体の埋葬を依頼された市役所福祉課の青年・奥津は、わずかな手がかりから亡くなった男性の足取りを辿る旅に出る。東京で、旭川出身の少女と知り合った京介は、彼女と共に旅をすることに。そして、“おとうさん”と呼ばれた男と、愛犬・ハッピーの“命の旅”がひも解かれていく。偉人とか、著名人とかではなく、本当にどこにでもいそうな“おとうさん”の最後の旅だが、本当に切なく、心に響く。(ヴィスタ・129分・11年6月11日)
[PR]
by faff | 2011-04-21 10:17 | 映画
2010年カンヌ映画祭パルムドールを初めて受賞したタイ映画。タイ東北部のある村。腎臓の病に冒され、死を間近に感じたブンミは、妻の妹ジェンを自分の農園に呼び寄せる。すると、夜、19年前にこの世を去った妻フエイが現れる。彼女は、ブンミの病気が心配でやってきたのだ。また、数年前に行方不明になった息子が“森の精霊”の姿で現れる。彼は、父親であるブンミの死期が近付いたのを感じて、精霊や動物たちが集まってきていると言った。そして、ブンミは、フエイたちと共に森の奥に入っていく…。“輪廻転生”といったタイ独特の“死生観”によって描き出される不思議な映像が全編に漂い、美しいイマジネーションの世界が“タイ時間”で、ゆったりと展開される。とにかく、不思議な世界の物語だ。(ヴィスタ・114分・東京10年3月5日、福岡5月28日)
[PR]
by faff | 2011-04-18 13:36 | 映画
博多駅Tジョイ試写室での初の3D試写で、結構絵が飛び出してくる。妖怪なのに、人間から笑われてばかりの豆富小僧は、父親の見越し入道に怒られて傷付き、達磨と共に、別れたお母さんに会いに行こうとする。しかし、狸に騙されて、お堂に封印されてしまう。時が経ち、突然お堂が壊されて、ほうり出される豆富小僧と達磨の二人。なんと、そこは現代の日本だった!そして、見なれた妖怪たちの姿はなく、そのスキを狙った狸たちが世界征服を狙っていた。自分たちの姿が見えるアイという少女に出会った豆富小僧たちは、狸一族の陰謀に立ち向かっていく。原作が京極夏彦ということで、結構大人向きの内容。“手前、豆富小僧と申します。”という深キョンの声がカワイイ!(ヴィスタ・100分・11年4月29日)
[PR]
by faff | 2011-04-15 13:35 | 映画
ジャロッドとエレインは、ロスに住むかつての親友の招きで、高級マンションのペントハウスに泊まっていた。翌朝、ブラインドから差し込む青白い光で目を覚ますと、隣の部屋にいた男が、光の中に吸い込まれて、消えてしまう。全く事態がつかめないジャロッドたちだが、窓の外の光景に絶句する。そこには、空を覆いつくさんばかりの無数の巨大な飛行物体が、人間を吸い上げていた!宇宙人の襲来だ!果たして、彼らは生き延びれるのか!?「2012」や「アバター」などのVFXを担当していたハイドラックスというスタジオのスタッフが、自分たちだけで製作したインディーズ系SF大作。したがって、スター俳優は使わず、VFXに重点を置いたアクションものになった。明らかに続編を狙ったエンディングで、続きは来年か!?(スコープ・94分・11年6月18日)
[PR]
by faff | 2011-04-14 13:35 | 映画