試写室でこれから公開される新作映画を見ている筆者たちによる批評を掲載。時には辛口の、時には思いやりのコメントをお楽しみ下さい。 福岡アジア映画祭の上映案内も掲載


by faff
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2011年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧

義父に無実の罪を着せられたベイビードールは、バーモント州ブラトルボの精神医療施設レノックス・ハウスに入れられる。しかし、彼女は、何とかそこから脱出し、自由を勝ち取るために、4人の仲間たちに声をかける。そして、彼女が目を閉じて、空想の世界に入った時、5人は時空を越えて、ファンタジー・ワールドに入り込んでいく。武将のような怪物やゾンビ軍団、火を吹くドラゴンなどとのファミコン・ゲームのようなバトルは、かなり激しく、本格的だ。空想の世界だから、何でもアリで、その荒唐無稽さがオタクにはたまらないだろう。(スコープ・110分・11年4月15日)
[PR]
by faff | 2011-03-30 13:31 | 映画
1906年10月、日本を発った孫文は、香港に向った。腐敗した清朝打倒を目指し、同盟会の省代表13人と今後の蜂起計画を立てるためだった。西太后は、シャオグオ率いる500人の刺客を香港に潜り込ませ、孫文を暗殺しようとする。その計画を阻止するため、同盟会のシャオバイは、大物実業家ユータンに資金援助と頼み、仲間を集める。そして、ついに孫文が到着する。広州に建てられた巨大なスケールのセットで、100年前の香港が甦る!そして、そのセットの中で、壮絶な闘いが繰り広げられる。ドニー・イェンのバトルも凄いが、ニコラス・ツェーの頑張りもアッパレで、この演技で、見事、第3回アジアフィルムアワード助演男優賞に輝いたのも頷ける。(スコープ・139分・11年4月 日)
[PR]
by faff | 2011-03-29 13:31 | 映画
第1楽章。地中海を周遊する豪華客船ゴールデン・ウェブ号に乗り合わせた人々。少女アリッサとその祖父でスペイン内戦で行方不明になった大量の黄金のカギを握るゴルトベルク。キガリ(ルワンダ)を棄ててヨーロッパに戻るコンスタンスと恋人の写真家マチアス。ゴルトベルクを追うフランスのスパイとロシアの美人諜報員などさまざまな登場人物たちのさまざまな言葉が交錯する。第2楽章は、選挙に立候補を決めたフランスのマルタン一家の8月4日。そして、第3楽章は、ゴールデン・ウェブ号が辿った6つの都市が検証されていく。ヌーヴェルヴァーグ最後の巨匠ゴダールの最新作は、映像・音・言葉の洪水だ。最後に映画「希望」のシーンが多くインサートされていたのは、スペイン革命というのがいかに、ゴダールに影響したのか、ということなのだろう。(ヨーロピアンヴィスタ・102分・東京10年12月18日、福岡11年5月14日)
[PR]
by faff | 2011-03-28 13:30 | 映画
上院議院候補として選挙戦をリードするも、過去のスキャンダルで、落選してしまったデヴィッド。ところが、敗北の弁を練習していたトイレで、見知らぬ女性エリースと出会ったことから、彼の人生が変わっていく。そして、自分たちの運命を操る謎のエージェントたちの存在を知ってしまう。“エリースには2度と会うな!”と警告するアジャストメント・ビューロー(運命調整局)のリーダー、リチャードソン。そして、彼らの“調整”で、エリースに会うことが出来なくなってしまう。しかし、3年後、偶然の出会いが2人の運命を再び、変えていく。カルト的SF作家フィリップ・K・ディックの短編を原作に、かなり現代風IT機器などを駆使した娯楽アクションに仕上げた。それにしても、マット・デイモンって、年に何本出るの?(ヴィスタ・106分・11年5月27日)
[PR]
by faff | 2011-03-18 16:39 | 映画
痛い!東北大震災の後だけに、その痛さも倍増する。ユタ州ブルー・ジョン・キャニオンで、いつものように一人でロッククライミングを楽しんでいたアーロンは、落石に右腕を挟まれ、身動きが取れなくなってしまう。助けを呼んでも誰も応えてくれず、食料や水も無くなっていく。そんな死に直面した彼が、下す“最後の決断”とは!?「スラムドッグ$ミリオネア」でアカデミー賞を独占したダニー・ボイル監督が次に選んだテーマは、断崖に右腕を挟まれ、動けなくなった男の実話。悲惨な結末が予想されるが、それでは、ここまで評判にはならない。死の恐怖に揺れるアーロンのさまざまな表情を巧みに演じて、アカデミー主演男優賞にまでノミネートされたのは、ジェームズ・フランコ。「スパイダーマン」シリーズでは悪役だったが、これから一押しの俳優だ。(ヴィスタ・94分・11年6月 日)
[PR]
by faff | 2011-03-17 16:39 | 映画

日本映画「八日目の蝉」

野々宮希和子は、不倫相手の秋山丈博の妻が生んだ生後6ヶ月の恵理菜を誘拐する。その赤ん坊に“薫”と名付けた希和子は、警察に追われながらも、さまざまな場所に隠れながら4年間、逃亡を続ける。それから17年、恵理菜は、21歳の大学生になっていた。そんな恵理菜の前に、ある日、誘拐事件を本にしたいというルポライターの千草がやってくる。誘拐した子どもを本当の自分の娘として4年間、育てた希和子。そして、希和子を実の母親として、4年間を過ごした恵理菜。二人の想いが巧みに交錯する。犯罪ものというより、二人のヒロインの生きざまがいろいろなことを考えさせてくれる。(ヴィスタ・147分・11年4月29日)
[PR]
by faff | 2011-03-15 16:38 | 映画
命を落としてしまった加藤の代わりに、クラスメイトの多恵と共に、加藤の弟の面倒を見る玄野。彼の望みは、“100てん”を取って、加藤を復活させること。そんな玄野たちの前に、ガンツのことを知っている“黒服の集団”が立ち塞がる。彼らはいったい何者なのか!?そして、ガンツメンバーの周囲をかぎまわる謎の男の正体は?原作に沿って描かれた前作と違って、映画オリジナルの結末が展開されていく。理屈で納得いく設定ではないが、スタイリッシュなブラックスーツに身を包んだガンツメンバーたちの華麗なアクションは見ものだ。(ヴィスタ・142分・11年4月23日)
[PR]
by faff | 2011-03-14 16:34 | 映画
パプア・ニューギニアの熱帯雨林の奥地にある巨大洞窟。その謎を解き明かすために、ベテラン・ダイバーのフランクは、息子のジョシュ、探検の資金を提供しているカールなどのメンバーで、奥深い部分まで調査していた。ところが、地上では巨大なサイクロンが襲来し、脱出不可能な事態に陥ってしまう。「アバター」の大成功で、一躍3D映画の第一人者となったジェームズ・キャメロンが製作総指揮を取った3Dディザスター・ムービー。洞窟に行き着くまでの密林の空撮が3Dでなかなかの迫力だ。(ヴィスタ・109分・11年4月22日★公開延期)
[PR]
by faff | 2011-03-09 16:38 | 映画
父親を雇い人のトム・チェイニーに殺害された14歳の少女マティは、インディアンの地域に逃げ込んだトムを捕らえるために、“トゥルー・グリット(真の勇気)”があると言われる連邦保安官ルースター・コバーンを雇う。さらに、別な容疑でチェイニーを追ってきたテキサス・レンジャーのラビーフも加わって、犯人追跡の苛酷な旅が始まる。ジョン・ウェインにアカデミー賞をもたらした「勇気ある追跡」を、「ノーカントリー」でアカデミー賞を獲得したコーエン兄弟がリメイクした西部劇。開拓の時代に生きた男女の力強い生きざまを骨太に描き出した正当派ウェスタンだ。ジョン・ウェインが左目にしていたアイパッチをジェフ・ブリッジスは右目にしているのは自己主張か!? とにかく元気のいいマティを力一杯に演じたヘイリー・スタインフェルドがオスカーを取れるか、楽しみだ。(スコープ・110分・11年3月18日)
[PR]
by faff | 2011-03-09 10:29 | 映画
忍術学園の夏休みの宿題が、事務員のドジで入れ替わってしまった。お陰で六年生用の宿題を与えられた一年は組の山村喜三太が行方不明になってしまう。夏休み明け、喜三太救出のため、忍たまたちの選抜チームが作られ、オーマガトキ城に向かう。TVアニメを見たことがないので、“なぜ、こんなに人気なの?”と不思議だったが、見てみるとなかなか面白く、結構笑える。せちがらい世の中、こんな作品もいいかも。(ヴィスタ・80分・11年3月12日)
[PR]
by faff | 2011-03-08 16:38 | 映画