試写室でこれから公開される新作映画を見ている筆者たちによる批評を掲載。時には辛口の、時には思いやりのコメントをお楽しみ下さい。 福岡アジア映画祭の上映案内も掲載


by faff
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2010年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

祝!大鐘賞4部門受賞! 父親が亡くなったという知らせを受けて、ユ・ヘグク青年は、山奥の小さな村にやってくる。村長の手配で葬儀は済むが、父の死因は不明だ。納得いかないヘグクは、しばらく村に滞在して、いろいろと調べ始める。すると、土地の名義が書き換えられていたり、銀行の預金が引き出されていたりする事実を掴んでいく。さらに、村人たちの動きがおかしい。そして、30年前の出来事が暴かれていく。これまでオリジナル脚本にこだわってきたカン・ウソク監督が、初めて挑んだ原作ものは、本格的ミステリーで、宗教や人間の内面に潜む闇をえぐり出していく。韓国ミステリーは、宗教や原罪などがベースになっていることが多く、なかなかすんなり理解できないものが多い。(スコープ・161分・東京10年11月20日、福岡11月27日)
[PR]
by faff | 2010-10-29 18:14
架空の町“海炭市”に暮らす人々の姿を描いた佐藤泰志の幻の小説を、地元・函館の有志が製作資金を集め、「鬼畜大宴会」の熊切和嘉が監督。造船所が一部閉鎖され、リストラされた兄と妹は、なけなしの小銭を握りしめ、初日の出を見るために山に登る。立ち退きを迫られている老婆の飼い猫グレが姿を消す。プラネタリウムで働く男は、家に帰っても、妻はバーに出勤していくし、中学生の息子は口もきいてくれない。プロパンガス店を継いだ若社長は、新しく始めた事業がうまくいかず、苛立ちを募らせる。路面電車の運転手をする父と折り合いの悪い息子は、帰郷しても、父に会おうとはしない。それぞれに、何かを失いながら、それでも生きていかなければならない人々の心が切ない。(ヴィスタ・152分・10年12月18日)
[PR]
by faff | 2010-10-28 18:13
ガミラスとの戦闘で、防衛する地球軍は全軍敗北。多くの遊星爆弾を落とされた地球も壊滅状態に陥った。それから5年後の2199年、爆弾の放射能で汚染された地球に、未確認物体が落下してくる。それは14万8千光年の彼方にある惑星・イスカンダルから放たれた通信カプセルだった。そして、最後の望みをかけて、「宇宙戦艦ヤマト」が発進する。1974年にスタートし、一世を風靡したカルト的アニメの実写化で、テーマミュージックが流れてくると、懐かしさがこみ上げてくる。が、アニメのイメージが強く残っているので、それをキムタクや黒木メイサが演じていると、演劇のように見えてしまうのは否めない。(スコープ・138分・10年12月1日)
[PR]
by faff | 2010-10-26 18:12
 急成長した会社を運営する女社長の星野七海は、ある晩、公園の噴水の前で、韓国人青年キム・ジュノと出会う。そして、つきあい始めた二人の幸せな日々が続くが、出会いから1年後の七海の誕生日の夜、事件が起きる。1990年の名作「ゴースト ニューヨークの幻」を現代の日本に舞台を移してリメイクしたものだが、ヒロインが巻き込まれる事件というのが、チープなTVドラマのようなもので、それを歌舞伎町のチンピラが請け負うというのも、ありきたりな感じだ。ソン・スンホンの日本語のセリフは違和感なく聞けたので、これから日本のドラマにも出られるか!?(ヴィスタ・116分・10年11月13日)
[PR]
by faff | 2010-10-25 18:12
イギリスのプリマス同胞教会というのは、規律に厳しい宗教で、TVやラジオなど一切の娯楽が禁じられている。そんな家庭に育ったウィル少年は、学校でもTVの時間になると1人廊下に出ていた。そんな少年がある日、学校一の悪ガキ、カーターに出会い、映画「ランボー」を見たことから、すごい衝撃を受ける。そして、カーターと共に、“手作り「ランボー」”の映画を作り始める。イギリス出身の監督自身の経験をベースにしたストーリーは、1980年代の風俗を巧みに入れ込みながら、「スタンド・バイ・ミー」のような“少年たちの成長”を爽やかに描き出す。少年時代というのは、誰しもが、アクション映画のヒーローに憧れ、“やんちゃ”をやるものだ。(スコープ・94分・東京10年11月6日、福岡11月27日)
[PR]
by faff | 2010-10-21 18:11
フィオナと3人の子どもたちに囲まれて、幸せいっぱいの生活をおくるシュレック。しかし、あまりにもマンネリしていて刺激がない。そんな彼は、ペテン師ランプルスティルスキンに騙されて、1枚の契約書にサインしてしまう。すると、もう一つの<遠い遠い国>に投げ込まれてしまう。そこは、ランプルスティルスキンが王として君臨し、怪物たちは追われる身だった。契約書に書かれた1日の間に、キャンセル条項を実行しなければ、シュレックは消えてしまう。彼は、ドンキーたちと共に、フィオナ救出に向うが、…。パラレルワールドの“太った”長ぐつをはいたネコが爆笑もの。シリーズ第3弾は、3Dでも公開されるそうだが、今回の試写は、2D。3Dの迫力が見たい!(スコープ・93分・10年12月18日)
[PR]
by faff | 2010-10-18 10:41
ブルゴーニュ地方の若き葡萄農夫ソブランは、自分自身のワインを作り出すという夢を持っていた。しかし、農園の持ち主であるヴリー伯爵に売り込んでも相手にしてくれない。落胆し、畑をさまようソブランは、天使ザスに出会う。ザスにワイン造りの奥義を学んだソブランは、家の近くの痩せた土地を開墾し、葡萄の樹を植え始める。原作はニュージーランドで書かれたものなので、ニュージーランドのニキ・カーロが監督し、彼女の出世作「クジラの島の少女」のケイシャ・キャッスル=ヒューズがソブランの妻を演じる。ユニークな存在の天使役のギャスパー・ウリエルのキャラがファンタジー色を醸し出す。(スコープ・126分・東京10年10月23日、福岡11月)
[PR]
by faff | 2010-10-15 10:40
出産に不安を抱える夫婦。18トリソミーという難病の子どもを生み、育てる夫婦。出産予定日に子どもを失った夫婦。不妊治療を続けたが子どもに恵まれなかった壮年夫婦。4組の夫婦と子どもの関係を通して、親子の存在を問うドキュメンタリー。生むということと、生まれるということをいろいろと考えさせてくれる。生まれてきた子どもに、母親のお腹の中にいた頃の“胎内記憶”があるということを知ってビックリした。(ヴィスタ・104分・10年12月 日)
[PR]
by faff | 2010-10-15 10:40
六本木ヒルズのイベント会場で警護にあたっていた井上は、(例によって、シンクロで)テロ行為を察知し、犯人を追う。ハリウッドに依頼し、プレビズで作られた都会の中での大スケールなチェイスシーンが圧巻だ。しかし、その派手な追跡劇がメディアで大きく報道されたことから、行き過ぎた職務は控えるように通達される。その夜、与党幹事長・伊達國雄の後援会パーティーが開かれ、その後、ホテルのスイートルームに、数人のメンバーが集合する。彼らの狙いは、“国民の危機感”。ついに、その「計画」が実行に移される時が来た。国会議員の警護を命じられた井上たち四係に、謎のテロリストたちが襲いかかる。次第に明らかになっていく尾形たちの陰謀。解決は、2011年春の「SP・革命篇」まで、おあずけだ!(ヴィスタ・98分・10年10月30日)
[PR]
by faff | 2010-10-13 10:39

第15回プサン国際映画祭

夜8時からの恒例のスターロードが、あいにくの雨で中止になったと思い、いったん近くのホテルへ雨宿りをしていたら、突然スターがぞくぞくとホテルに入ってきた024.gif
目の前10cmの距離に、たくさんの俳優、女優が通り、手をふったり、ポーズをとったりと、サービス満点でかなりラッキーな出来事でした049.gif

.
b0130862_1038302.jpg

[PR]
by faff | 2010-10-08 10:37