試写室でこれから公開される新作映画を見ている筆者たちによる批評を掲載。時には辛口の、時には思いやりのコメントをお楽しみ下さい。 福岡アジア映画祭の上映案内も掲載


by faff

<   2009年 08月 ( 19 )   > この月の画像一覧

真生(まい)がパーソナリティーをやっているラジオ番組に函館の高校生から手紙が送られてくる。“じいちゃんとお父さんの関係がぎくしゃくして困っています。”というものだった。思わず、自分と亡くなった父親との関係と重ねてしまった真生は、リスナーから“おじいちゃんを笑わせる”方法を募集するが、…。エッセイ集「届かなかったラヴレター」からいくつかのエピソードをピックアップしているので、最初は、それぞれの話に接点がなくバラバラだが、次第に絡み合っていく。最近、母親役や年輩の役が多かった常盤貴子が久しぶりに若々しい役で泣かせてくれる。(ヴィスタ・119分・09年10月10日)
[PR]
by faff | 2009-08-31 11:12
 I.C.E.とは、移民・関税執行局。9.11の影響で新設された国土安全保障省の傘下にある。そんなI.C.E.でベテラン捜査官として働くマックスは、良心が強いためか、移民の人々に同情的だ。不法滞在で逮捕された母親の頼みで、息子をメキシコに送り届けたりしてしまう。ある日、同僚の捜査官の妹が殺され、調査を始めるが、…。アメリカは移民の国だ。不法移民のメキシコ人女性ミレヤ、労働許可がなければ、女優になれないオーストラリア人クレア、市民権獲得を間近に控えた韓国人青年ヨンなどさまざまな移民の問題が交錯する。それにしても、バングラデシュ出身の女子高生タズリマが逮捕されるのはビックリだ。ハリソン・フォードが深刻なテーマに挑んだ問題作。(スコープ・113分・09年10月10日)
[PR]
by faff | 2009-08-28 11:11
2008年、新宿コマ劇場の最後を飾った元宝塚トップスターによるミュージカルをソニーのLivespireでデジタル上映。宝塚のきらびやかさがイヤで、トップスター、リュータンに靴を投げ付けるタッチー。だが、帰る家のない彼女は誘われるままに、入団する。娘役のベニには、欲がなく、何故かトップになるのを急ぐトモになじられてばかり。それでも、彼女たちは、少しずつ成長していく。しかし、そこに戦争という非常事態が彼女たちの運命を変えていく。大石静の脚本は、宝塚と戦争を巧みに絡ませて、ベタではあるが分かりやすいものになっている。(HD・166分・東京09年7月4日、福岡10月3日)
[PR]
by faff | 2009-08-27 13:18
11歳の少女アナは、突然、両親を告訴する。彼女は、白血病の姉ケイトを救うため、その臓器を提供するドナーとして生まれてきたのだ。そして、“もうこれ以上、姉のために手術を受けるのはイヤだ”というのだ。その理由が全く分からずに、困惑する両親。しかし、アナの決意は固く、弁護士を雇った裁判が始まる。とにかく、長女であるケイトを死なせたくないというあまりにも強い思いに、感情を昂らせるキャメロン・ディアスの涙が心を打つ。(スコープ・110分・09年10月9日)
[PR]
by faff | 2009-08-25 13:18
この作品の緒方明監督は、なんとわれらが福岡オフィス・ヌーヴェルヴァーグの出身。久しぶりに会った。福岡大学1年の時にオフィスにやってきて、いろいろと自主上映の手伝いをやり、その後、石井聰亙監督の「狂い咲きサンダーロード」のロケで助監督をやった。それが、映画界への第一歩だった。懐かしい!だから、新作もぜひ宜しく!
[PR]
by faff | 2009-08-24 13:17
一日中、車のことばかり考えているような高校生アキオは、ある日、スクラップ置き場で、フェアレディ S30Zを見つけ、修理を始める。だが、その車は、“悪魔のZ”と呼ばれるいわく付きの車だった。“悪魔のZ”によって前の持ち主である兄を失ってしまったエリコは、Zの復活を阻止しようとするが、…。プレステなどのゲームやアニメなどでブレイクした人気コミックの実写化。中村優一、加藤和樹など若手人気俳優のたどたどしい演技はまだまだだが、ゲーム好きのティーンエイジャーには分かりやすい話かも?(スコープだが、ヴィスタの上下をカットした疑似スコープで、アナモフィックレンズを使った撮影ではない・100分・東京09年9月12日、福岡10月24日)
[PR]
by faff | 2009-08-21 13:16
2017年、世界は、“ともだち”に支配されていた。ウィルスの蔓延のため、東京は巨大な壁で分断され、“ともだち”は、「8月20日、人類は滅亡する」と宣言していた。“ゲンジ一派”のヨシツネらの元を離れたカンナは、“氷の女王一派”を組織し、武装蜂起を計画していた。カンナを止めようとするユキジの前に、オッチョが現れる。そして、番組の終わってしまったラジオから、聞き覚えのある歌が流れてくる。ラスト12分がカットされた試写会バージョンだったので、早く結末が知りたい!伏線から推察すれば、“ともだち”の正体は、○○○○だと思うのだが、果たして、当たっているのか!?(スコープ・公開バージョン155分・09年8月29日)
[PR]
by faff | 2009-08-20 13:00
真一は、女友だちがいじめられているのを救う勇気がない小学生。お姫様の夢を見た日、真一は、大きなクヌギの木の下で、古い箱の中に入った手紙を見つける。すると、天正2年の戦国時代にタイムスリップ。そこは、春日という名前の小国で、真一は、又兵衛という侍の世話になることになる。彼は、廉姫に好意を持っていたが、それは、身分違いの恋だった。名作と評判の「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦」の実写化作品だが、確かに、レベルの高い悲恋物語に泣かされる。また、たぶん原作には無かっただろう、ワンセグケータイや官ビールのギャグが冴えている。(スコープ・132分・09年9月4日)
[PR]
by faff | 2009-08-19 13:00
1966年、イギリスの国営放送BBCラジオでは一日に45分しかポップ・ミュージックを放送していなかった。それなら、イギリスの法律の適用されない公海上の船から24時間ロックを流そうという海賊放送局が誕生した。高校を退学になったカールは、母親の指示で、この海賊ラジオ局の船の乗りこむ。ところがそこは、クレージーな8人のDJと乗組員たちの自由天国だった。しかし、政府の役人たちは、海賊局を取り締まるための法案を次々と成立させていく。ロッカーたちと政府の戦いだ!フィリップ・シーモア・ホフマンやリス・エヴァンスなど、DJの配役が豪華!さらに、60年代ロックが全編を彩り、古き良き時代を甦らせてくれる。(スコープ・135分・09年10月24日)
[PR]
by faff | 2009-08-18 12:59
芥川龍之介の「薮の中」の映画化だが、世界の名作「羅生門」とは相当に違うオリジナルのストーリー。畠山の家督を継ぐはずの兄は、弟・直光の言葉が信じられずに阿古姫を奪ってしまう。兄に裏切られ、最愛の阿古姫と追われる身となる直光。そんな中、山の中で、盗賊・多襄丸に出会う。直光は、果敢に戦いを挑むが一撃され、気を失ってしまう。気付いた時は、縄で縛られていて、…。小栗旬の直光から多襄丸への変化が意表を突いていて面白い。中野裕之監督ということで、バリバリのCGを予想していたが、殺陣などはかなり本格的。時代劇ブームは、CGでなく、リアルものが主流なのか?(ヴィスタ・131分・09年9月12日)
[PR]
by faff | 2009-08-17 18:52