試写室でこれから公開される新作映画を見ている筆者たちによる批評を掲載。時には辛口の、時には思いやりのコメントをお楽しみ下さい。 福岡アジア映画祭の上映案内も掲載


by faff
カレンダー

<   2009年 07月 ( 19 )   > この月の画像一覧

日本映画「里山」Satoyama

滋賀県北部の山には、クヌギやコナラなど2万本を越える雑木林がある。そこで、シイタケを栽培する人々。雑木を伐採し、均等な長さに切り、シイタケの菌を埋め込んでいく。そして、その木々を適度な日陰のある林に並べていく。それは、淡々とした作業だが、自然の力を受けた山の仕事だ。山の人々は伐採の時、必ず切り株を残す。そうすれば、そこから“ひこばえ”という若い芽が生えてきて、15年ほどで再び大きな木になるからだ。2008年7月に放送された「ハイビジョン 里山 いのち萌ゆる森」を劇場用に編集したもの。大きなスクリーンで見たい。(プロジェクター上映・91分・09年8月22日)
[PR]
by faff | 2009-07-30 10:44
 タイムトラベルの研究をしているマーシャル博士の元を訪ねてきたケンブリッジ大学のホリーは、荒野で土産物屋を営む怪しい男ウィルと共に洞窟へ。そして、とんでもない世界にタイムワープしてしまう。そこは、巨大な恐竜が闊歩するだけでなく、得体の知れない生物がウジャウジャいる“不思議ランド”だった。1970年代に人気だった子供向け怪物アドベンチャードラマの映画版。アメリカでは絶頂的人気のウィル・フェレル主演なので大ヒット!暑い夏は、こんなドタバタコメディーで軽く笑うのもいいかも?(ヴィスタ・101分・09年9月18日)
[PR]
by faff | 2009-07-29 10:43
ボローニャ大学の図書館で、貴重なキリスト教関係の古書が釘刺しにされるという事件が起きる。容疑者とされたのは、若い哲学教授だった。彼は、ポー川をさかのぼり、岸辺の廃虚に住み始める。すると、村の老人たちは、彼のことを“キリストさん”と呼んで、協力し始める。「木靴の樹」の名匠エルマンノ・オルミ監督の新作は、現代社会に絶望した教授を素朴な村人たちが癒していくという寓話的なほんわかした作品。今後はドキュメンタリーしか撮らないと公言しているそうなので、劇映画としては最後の作品になるかも?(ヴィスタ・94分・東京09年8月1日、福岡10月 日)
[PR]
by faff | 2009-07-27 10:43
ポートランドの高級レストランのマネージャー、シルビアは、仕事をてきぱきこなすキャリアウーマンのようだが、男性関係はかなりイージーだ。そんな彼女の前に、娘という少女マリアが現れる。突然の出会いに戸惑うシルビアに、かつてのニューメキシコでの若き日の秘密が甦ってくる。「バベル」の脚本家ギジェルモ・アリアガの長篇デビュー作ということで、製作にも名を連ねているシャーリーズ・セロンとキム・ベイシンガーという豪華キャストだが、物語自体がかなり古臭い。昔のハリウッド映画のようだ。(スコープ・106分・09年9月 日)
[PR]
by faff | 2009-07-24 10:42
「ワイルド・スピード」シリーズに、オリジナルのメンバーが帰って来た!ドミニカ共和国で、タンクローリーを襲撃したドミニクだったが、捜査の手が迫ってくるのを察し、レディの前から姿を消す。ところが、ドミニクの元に、思わぬ訃報が届く。復讐の怒りに燃え、ロスに戻ってくるドミニクの前に、今はFBIで働くブライアンが現れる。“事件はFBIにまかせろ”というブライアンの言葉に、すんなり頷くドミニカではなかった。「3」のラストに、ヴィン・ディーゼルが出た時から期待さていたことだが、やはりオリジナルのメンバーが再集結すると、スケールアップした凄い迫力のカー・アクションものが生まれた。(スコープ・107分・09年10月9日)
[PR]
by faff | 2009-07-24 10:42
イケメンとの結婚式を明日に控えたひろ子は、アパートの大家さんを誤って殺してしまう。困ったひろ子は、死体をスーツケースに入れて、富士の樹海へ。ところが、その樹海で、“死にたい女”福子と出会ったことで、とんでもない逃避行が始まる。俳優・岸谷五朗の初監督作品だが、ドタバタの小劇場芝居向きの台本で、ノリきれないギャグも多い。(ヴィスタ・97分・09年9月12日)
[PR]
by faff | 2009-07-22 10:41
南北戦争で足を負傷し、アリゾナで小さな牧場を営むダン・エヴァンスは、干ばつと借金に苦しんでいた。そんな時、強盗団のボス、ベン・ウェイドを列車まで護送する仕事を引き受ける。しかし、強盗団の手下たちは、ボスを奪還しようと、しつこく襲って来る。ダンには、この仕事を引き受けた本当に理由があった。そして、それを聞いたベンはある決断をする。1957年の「決断の3時10分」のリメイクで、男と男の感動の友情物語だが、ちょっと古臭い。ラッセル・クロウ、クリスチャン・ベイルという2大スターの競演で、2007年アメリカでは、大ヒットになり、その後の西部劇ブームのきっかけとなった作品だが、果たして、日本では? さらに、西部劇の流行も、今年のブラピ映画の中止など、終わった感がある。(スコープ・122分・09年9月5日)
[PR]
by faff | 2009-07-21 18:33
50年前の7月20日、あのアポロ11号のニール・アームストロング船長が月に降り立った。“ひとりの人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては大きな飛躍だ。”という有名なメッセージを50周年の今年はいろいろなニュースで聞いた。しかし、アポロ計画やスペースシャトル計画は、すべて順調に進んだ訳ではなかった。その間には、チャレンジャー号やコロンビア号などの事故があり、尊い犠牲があった。こういった事故のシーンを見ていると、命がけの飛行の崇高さに心を打たれる。(ヴィスタ・98分・09年8月21日)
[PR]
by faff | 2009-07-17 19:06

第23回福岡アジア映画祭

024.gif福岡グランプリ2009 韓国映画「甘いウソ」


7月12日(日)第23回福岡アジア映画祭2009無事終了。
福岡グランプリ2009は、韓国映画「甘いウソ」になりました。
初めての福岡、初めての映画祭参加で、まさかグランプリを受賞するとは
b0130862_16101171.jpg
夢にも思っていなかったようで、チョン・ジョンファ監督は、大感激でした。
[PR]
by faff | 2009-07-17 16:11 | 上映会
ニューヨーク、ペラム駅1時23分発の地下鉄“ペラム123号”がハイジャックされる。運行指令室にかかってきた無線で、犯人たちは、1000万ドルの身代金を要求してくる。制限時間は、59分。交渉役に指名されたガーバーと、ライダーたち犯人側の駆け引きが始まる。そして、事件が意外な方向へ。サスペンスの名作として有名な1974年の「サブウェイ・パニック」のリメイクだが、当時とは比べ物にならないぐらいのハイテク器機の進歩で、スピーディな展開の現代版に甦った。トラボルタの悪役ぶりがいい。(スコープ・105分・09年9月4日)
[PR]
by faff | 2009-07-16 19:10