試写室でこれから公開される新作映画を見ている筆者たちによる批評を掲載。時には辛口の、時には思いやりのコメントをお楽しみ下さい。 福岡アジア映画祭の上映案内も掲載


by faff
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:映画( 327 )

アメリカ映画「クワイエット・プレイス」A Quiet Place
 音をたてると、“何か”が襲って来るという事態で、人類は滅亡しかかっていた…。
 登場人物がほとんど1家族だけという低予算の作品が、“何か”というワンアイデアで突っ走って、
沈黙の世界の中に、予想外の恐怖が襲って来るというのが秀逸でした。
シーンとした中で、音楽がかかると、ホッとした。
(スコープ・90分・2018年9月28日公開)
b0130862_17064862.jpg

[PR]
by faff | 2018-09-07 16:59 | 映画
 Exileが精力的にメディアミックスで拡大展開している映画「HiGH&LOW」のスピンオフ最新作「DTC -湯けむり純情編- from HiGH&LOW」。ダン、テッツ、チハルの3人がバイクに股がって旅に出る。そして金が無くなった3人は、温泉街の旅館で住み込みのバイト。そこで様々な出来事が、…。もちろん、3人だけでなく、「High&LOW」メンバーの場面もふんだんにある。「HiGH&LOW」のノリでやっているCMのカップラーメンのシーンは、とてもおいしいタイアップ!(スコープ・102分・2018年9月28日公開)
[PR]
by faff | 2018-09-07 14:39 | 映画

アメリカ映画「インクレディブル・ファミリー」Incredible 2

 ある日、地底からアンダーマイナーが出現する。活動禁止中だったMr.インクレディブルとイラスティガールは、赤ん坊のジャック・ジャックをヴァイオレットとダッシュに預け、出動し、何とか街を救うことに成功するが、ビルを破壊したことで、ひんしゅくを買ってしまい、やはりヒーロー活動禁止処分になる。そんな時に、舞い込んで来た新しいミッションは、母親のヘレンを指名してくるが、…。

 家族のあり方というものを真正面から考えさせてくれるような巧みに構成されたシナリオ。主人公のボブだけではなく、今回の中心となるママのヘレン、反抗期の娘ヴァイオレット、息子のダッシュ、そしてさらに赤ん坊のジャック・ジャックー5人それぞれの悩みが細かく描かれていて、さまざまな年齢層の観客に、それぞれの受け取り方が出来る内容だ。中国のドミー・シーが監督した短編「バオ」も、そのアジア的センスがすばらしい!(吹替版・スコープ・118分・2018年8月1日公開)


[PR]
by faff | 2018-07-11 21:18 | 映画
第32回福岡アジア映画祭2018
2018年7月6日(金)~8日(日)
■会場 アンスティチュ・フランセ九州 5Fホール
 福岡市中央区大名2-12-6、地下鉄赤坂駅3番出入口、
プログラムは、ホームページを参照下さい。 http://asianfilm.tank.jp
☆料金 前売券(一作品)¥1400(5作品)¥6000(10作品回数券)¥10000
    当日(一般)¥1800 (学生・シニア)¥1000
※前売券は、チケットぴあ、ローソンチケット、福岡アジア映画祭ほかにて発売!
主催/問合せ・福岡アジア映画祭実行委員会、
TEL 092-733-0949、090-9579-8051 e-mail: faff@gol.com http://asianfilm.tank.jp
b0130862_17230778.jpg
b0130862_17240421.jpg
b0130862_17230778.jpg

[PR]
by faff | 2018-06-13 17:26 | 映画

中国・香港合作「MANHUNT マンハント」追捕/MANHUNT

 ジョン・ウー監督たっての希望で、大阪ロケで撮影された本作は、大阪の下町の居酒屋のシーンから始まる。昭和の歌謡曲がかかる中、のれんをくぐって入ってきた主人公ドゥ・チウは、まるで日本映画の小料理屋のシーンのようなやりとりで、元になった西村寿行原作の映画「君よ憤怒の河を渉れ」のセリフを交わし合う。何か、空気感がかなり違うが、その後の展開は、まさに香港アクション映画と化していく。そして、殺人の容疑で逮捕されたドゥ・チウは、逃亡犯となり、警察から追われることになる。そして、その犯罪の中に、何かウラがあると感じた矢村捜査一課係長が、ドゥ・チウの後を追う。大映作品のほうは、かなりのクライムサスペンス映画だったが、ジョン・ウーの手にかかると、壮絶なアクション作品に変化する。それにしても、日本でこんなに派手に銃器が撃ち合う映画があったのか!?(スコープ・110分・2018年2月9日公開)



[PR]
by faff | 2017-12-21 15:41 | 映画

アメリカ映画「僕のワンダフル・ライフ」A Dog’s Purpose

 “輪廻転生”という概念は、タイ映画では何度も見たことがあるが、アメリカ映画では珍しい。しかも、人間ではなく、犬の話だ。ある日、ゴールデン・レトリバーの子犬の命を救ったのは、8歳のイーサン少年とその母親だった。それから、ベイリーと名付けられた子犬とイーサンは、常に一緒で、次第に固い絆で結ばれていく。だが、イーサンには、様々な出来事が起き、他の州の農業学校で勉強していた。そんな頃、年老いたベイリーは、この世を去ってしまう。普通の映画だったら、ここまでのストーリーだが、この作品は、ここでは終わらない。一度死んだベイリーは、シェパードとなって生まれ変わる。そして、エリーと名付けら、警察犬となって、活躍する。しかし、また死んでしまい、また生まれ変わる。そうやって何度も生まれ変わったベイリーは、果たして、大好きなイーサンの元に戻って来れるのか!? 動物好きな人には、号泣させられるのが必至の感動物語だ。“ある犬の目的”という原題の意味が、よく分かるシナリオ構成だ。(スコープ・100分・2017年9月29日公開)


[PR]
by faff | 2017-08-30 16:13 | 映画

アメリカ映画「ナインイレブン 運命を分けた日」9/11

 2001年9月11日、ニューヨークのワールドトレードセンタービルのエレベーターに閉じ込められた5人。実業家のジェフリーと、彼との離婚を調停中の妻イヴ、バイクメッセンジャーのマイケル、恋人に別れを告げに来たティナ、ビルの保全技術者のエディ。それぞれに個人的な悩みを抱えた5人は、次第に外で何が起こっているのか、ということを理解していく。そして、2機の旅客機に激突されたビルが崩壊の危機にあることを知った5人は、極限状態であるにも関わらず、ある決断を下すのだった…。9/11に関する映画は、すでにたくさん作られてきた。だが、この作品は、実際に助かった人たちの証言を元にした実話だけに、その信じられない奇跡な行動が、ストレートに伝わってくる。チャーリー・シーン、ウーピー・ゴールドバーグなどニューヨーク出身の俳優たちが力を合わせて作り上げたメッセージ映画だ。イギリス出身だが、ジャクリーン・ビセットの姿を久しぶりに見た。(スコープ・90分・2017年9月23日公開)


[PR]
by faff | 2017-08-04 20:48 | 映画

日本映画「散歩する侵略者」Before We Vanish

 数日間行方不明だった夫が、まるで別人のようになって帰って来る。急に穏やかで優しくなった夫は、記憶喪失になったのか!?同じ頃、町では一家惨殺事件が発生し、その事件を取材するジャーナリストの桜井は、事件の鍵を握る女子高生・立花あきらの行方を探し始めるが、事態は思わぬ方向へと転がっていく…。カルト的な人気を持つ劇団「イキウメ」の舞台を、ホラー映画を得意とする黒沢清監督が映画化したものだが、「侵略者」によって奪われていく《家族》《仕事》《所有》《自分》などという《概念》の発想が斬新でユニークだ。個人個人の《概念》というものが曖昧にされ、奪われつつある現代社会への辛辣な警鐘がここに表されているようで、考えさせられるテーマが深い。(スコープ・129分・2017年9月9日公開)



[PR]
by faff | 2017-08-04 16:11 | 映画

アメリカ映画「海底47m」47 Meters Down

 メキシコでバカンス中のリサとケイトの姉妹は、仲良くなった現地の男友達から、海に沈めた観賞用の檻から野生のサメを見る“シャークケージダイビング”に誘われる。「退屈な女」という理由で恋人にふられたばかりのリサを、サメの写真を送りつけて彼を見返してやれと、なかば強引に誘うケイト。二人を乗せた檻は、ゆっくりと水深5mの海に降りていく。ところが、檻を吊るしていたワイヤーが切れ、二人は、水深47mの海底まで落下してしまう…。いやー、この展開は、想像できるが、見ているだけで、相当に息苦しい!これだから、海は怖い!もちろん、サメの恐怖もハンパないが、それ以上に、息が苦しくて仕方がない!(スコープ・90分・2017年8月12日東京公開、9月16日福岡公開)



[PR]
by faff | 2017-08-03 15:36 | 映画

アメリカ映画「スパイダーマン:ホームカミング」Spider-man : Homecoming

 アベンジャーズの戦いによって崩壊したニューヨークのビルで、残骸回収事業に携わってきたトゥームスたちだったが、突然現れた政府の役人に仕事を奪われてしまう。しかし、彼らは、秘密裏に回収した宇宙ガレキの一部を持ち去り、武器にする研究を行っていた。8年後、ベルリンでのアベンジャーズの戦いにスパイダーマンとして参加したピーター・パーカーは、トニー・スターク(アイアンマン)からもらった新しいスーツを着て、クイーンズの街を悪から守っていた。そんなピーターの前に、強烈なハイテク武器を使う強盗グループが現れる。彼らの後ろには、あのトゥームスがいた。ハイテク武器には、宇宙から来たウルトロンが使われていたのだ。果たして、スパイダーマンは、強烈なパワーを持つハイテク武器に太刀打ち出来るのか!? 今作のスパイダーマンは、アベンジャーズに入りたくて、しきりに活躍したことをトニーの側近・ハッピーに報告するというような幼い少年的キャラがユニークで、とにかく若い!また、トニーが与えたスーツがこれまたハイテクで、様々な新機能が装着されていて、斬新だ。無表情だった顔も、眼の部分が収縮することで、かなり人間的になった。試写室のスクリーンが小さかったので、迫力を味わうために、一番前の席で見たが、下に出る日本語字幕が多く、読むのが大変だった。できれば、IMAXで見たい!(スコープ・133分・2017年8月11日公開)



[PR]
by faff | 2017-08-01 12:03 | 映画