試写室でこれから公開される新作映画を見ている筆者たちによる批評を掲載。時には辛口の、時には思いやりのコメントをお楽しみ下さい。 福岡アジア映画祭の上映案内も掲載


by faff
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

アメリカ映画「サブウェイ123・激突」The Taking of Pelham 1 2 3

ニューヨーク、ペラム駅1時23分発の地下鉄“ペラム123号”がハイジャックされる。運行指令室にかかってきた無線で、犯人たちは、1000万ドルの身代金を要求してくる。制限時間は、59分。交渉役に指名されたガーバーと、ライダーたち犯人側の駆け引きが始まる。そして、事件が意外な方向へ。サスペンスの名作として有名な1974年の「サブウェイ・パニック」のリメイクだが、当時とは比べ物にならないぐらいのハイテク器機の進歩で、スピーディな展開の現代版に甦った。トラボルタの悪役ぶりがいい。(スコープ・105分・09年9月4日)
[PR]
by faff | 2009-07-16 11:57